カウンター


釣れたかな~?

フライって、あんまり釣れないんだよね~。
私のフライ修行日記、どうぞ見てくだされ。

 
 2月15日 宮ヶ洞
 仔アマゴでいいから、どうしても1匹釣りたい!ということで、宮ヶ洞へ行きました。
天気予報では晴れるはずだったので、ここなら仔アマゴくらいは釣れるはず・・。
現地到着は10時半。天気は曇ってます。まあ、そのうち晴れるでしょう。気温もそこそこ暖かい。水位は平水ながら、ここんところの雨で5センチくらいは増えてます。まあ、条件はよろしい。これで晴れてくれたら、そこそこのハッチが始まるはず・・・。
まずは#16のドライフライで釣り始めますが、なんにも反応なし。ニンフにする。でもやっぱり反応なし。そのうちティペットが絡まってグチャグチャになる。ニンフはこれがやなんだよ。オモリとかインジケーターがついてるから絡みやすい。挫けてドライに戻したけど、午前中は釣れなかった。まあ、午後になれば晴れてきて、なんとかなるでしょう。

さて、なんで仔アマゴでもいいから釣りたいか。
それは去年の秋に買った水中コンデジを使いたいからです。
このカメラ、レンズが右上の端っこにあって(正面から見たとき)、これだと水中に手を突っ込まなっくても水中写真が撮れるんです。まあ、ほんの数センチ程度沈められるだけですが、それで十分なのです。まあそれだけだと縦位置の写真しか撮れなさそうですが、なんとこのカメラは、自撮り用のシャッターが左下の端っこについてて、横位置の撮影でも、水の中に手を突っ込まなくてよいのです。
このカメラを試したい。

さてさて午後の釣り。
天気は曇りのまま。でも時折ドライフライに反応するようになりました。しかしなかなかフッキングしない。#16はデカすぎるか。我慢して使い続けて、やっとこ1匹釣った。13センチくらいか。まあ、それで十分なのです。パチパチ撮る。まあ、反省点は多々。今後に生かせたいと思います。
その後も釣れず、3時半に納竿して林道を歩いてたら、やっとこさ晴れてきた。

 
 2月9日 牛道川
 やっとこさ、郡上の解禁となりました。
毎度のことながら、師匠と船長とで、これまた毎度のことながら、牛道へ行ってきました。
今年の郡上は、ほとんど雪は降らず、まあ地元民としてはありがたいこってす。今日の牛道でもほとんど雪はなく、ごく薄っすらとの雪があるのみ。通常だったら、ここは70センチの積雪があるべきところであります。
10時半に現地について釣り始めます。
師匠と船長はイクラ。私は改良したタコジローを試します。
師匠と船長は、時折小ぶりなアマゴを釣ってるみたいです。私はといえば、まったく反応なし。でも改良タコジローを色々と試すのです。
12時になって昼食。
師匠が作ってくれた麻婆豆腐とブタ鍋をいただきます。いつもながら、ありがたく頂きます。とても美味しくって、ホットマッコリが進みます。
それから再び谷に降りまして釣り進みますが、やっぱり師匠と船長は時折小ぶりなアマゴを釣りますが、私の改良タコジローには全く反応なしで終わったのでした。
この結果は、私のタコジローが悪かった訳ではなく、こんな寒い時期の渓流には、やっぱりイクラがいいのです。

 
 1月3日 阿多岐川
 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしゅうに、お願い申し上げます。

今年の白鳥町のお正月ですが、雪が全く無いです。
それどころか、この冬、まだ雪が降ってません。みぞれが数分間だけ舞ったのが2回あったか・・。通常だったら11月の終わり頃が初雪なのに・・・。
私、白鳥町に住んで30年余り。こんなことは初めてであります。
すこぶる異常気象です。
グレタさんの言わんとすることを、ひしひしと感じます。

ただ、雪が無いのはとってもありがたい。
このまま春が来てくれたらどんなに楽かと思いながらも、夏にボコボコと台風が来ることになってしまっては、それはそれで困るのです。
天気は、平年並みが一番良いのです。

さて今年の釣りですが、もちろんチョビスケもやり続けますが、遅ればせながら「幸福の森」の影響を受けまして、写真も頑張ろーかと思ってる次第です。

 
 (水面に落とした葉っぱを、水中から空に向けて撮影した)
11月24日 田茂谷 
 昨日の記事の続きです。
「幸福の森」を見ますと、水中写真に憧れてしまいますよね。
私も夏になると、防水コンデジを持ち歩いて、水の中にカメラを突っ込んで、お魚を撮ったりしてました。でも、そのほとんどが、まともにお魚がフレームに入っていない。運よく入ってたとしても、ピントは悪いし画質も悪い。画質が悪いのはカメラが古いせいじゃないか・・・。
今年防水コンデジを買った船長の写真を見ると、とってもきれいに写ってる。羨ましい。やっぱりカメラは新しいほうがいいのだ。・・・・、うん。防水コンデジを新調しよう!!
そう思って色々と物色しました結果、「OLYMPUS STYLUS TG-870 Tough」となりました。
こいつの素晴らしいのは、まず、液晶画面が180度動くこと。防水コンデジではなかなか無い。これなら、なんとかフレーミングを見ながら撮影できる???・・・かも。そして、レンズのワイド側が21mm(35mm換算)と広い。津留健さんの水中写真も、きっと20mmくらいを使ってると思う。
ただし残念なのは、このカメラ、もう販売してないんです。発売が2016年なんで、まだ3年しかたってない。なんでこんな素晴らしいスペックのカメラが販売終了になったのか?画質が悪いのか?それとも壊れやすいのか?いろいろと不安はありましたが、ヤフオクで3万くらいで購入しました。

このカメラを実際の谷で試したかったのです。
上の写真、カメラを水中に突っ込んで、モニターを起こして見ると、何となくは見えます。だいたいあんな風に写るんだろうな~と。ほんとうに大雑把ですが。モミジの葉っぱはユラユラと流れますが、これを真ん中にとらえるのは技術が必要。まして、ちょっと横位置に・・・は、経験積まないといけないと思う。
さて、そんな感じで、はたしてお魚が撮れるのか・・・。
ちなみに、レンズ描写ですが、中央部はきっちりとコントラストも良くピントもシャープです。周辺部は流れますが、これはしょうがないと思う。

以下、散策時にパチパチした写真です。







11月23日 庄川上流 
 先日ブックオフで、津留崎健さんの「幸福の森」を買いました。
10年以上前の古本ながら3000円もしましたが、感激いたしました。もっと早く、いや、発売と同時に買っておけばよかったと、後悔の念が沸き起こるばかりです。
それでまあ当たり前ですが、この本を見たら渓流に行きたくなってしまいますよね。
よって、カメラを持って、庄川上流の林道を散策しました。
とりあえず、写真を3枚。






 2月の日記 3月の日記 4月の日記 5月の日記 6月の日記 7月の日記  8月の日記 9月の日記 禁漁日記
2001年の日記 2002年の日記 2003年の日記 2004年の日記 2005年の日記 2006年の日記 2007年の日記 2008年の日記 2009年の日記 2010年の日記 2011年の日記 2012年の日記 2013年の日記 2014年の日記 2015年の日記 2016年の日記 2017年の日記 2018年の日記  2019年の日記

掲示板