カウンター


釣れたかな~?

フライって、あんまり釣れないんだよね~。
私のフライ修行日記、どうぞ見てくだされ。

 6月9日 田茂谷
 昨日は八百僧と叺谷を釣り歩いてボウズに終わる。
そして今日は田茂谷へ行って20㎝イワナ1匹に終わる。

まあ、今回釣れない日なんですよ・・・。

 
 6月2日 大洞峠
 先週は寒水に行けなんだんですが、あそこの工期は5月31日まで。ならば、今日ならば行けるでしょうと、牛道林道を遡って、大洞峠経由で寒水を目指しました。
が、いまだ「寒水方面通行止め」の看板が・・・。あれ~、おかしい。看板の撤去し忘れてるのかな・・・。不安はありましたが車を進めます。と、前の工事区間の少し手前の所で工事やっとりました。のり面の補修と道路の舗装。工期は6月28日まで。う~ん、なかなか寒水に行かれん。こんどの6月29日に大洞峠を超えようとして、また新たに工事なんかせんでしょうねえ。あの道、もう十分に通れるんだから。
そんな訳で、先週に引き続き牛道川に入ります。
11時くらいに入渓。水位は平水。天気は曇り。谷に下りて仕掛け作ってる時にはちょっと肌寒く、カッパを羽織りました。いやな予感。
とりあえずドライフライを投げますと、仔魚の反応。フッキングには至らず。暫くして、また仔魚の反応。またまたフッキングには至らず。
これはドライフライはムリ。チョビスケにします。それで水のたるんだ所で6寸くらいのイワナを1匹なんとか釣る。その後も反応は薄く、たまにドライフライにしてもやっぱり仔魚が反応するだけで、1時近くなってきて腹も減ってきて挫けました。

それでこのまま牛道でやっても釣れる気はしなかったので、田茂谷へ飛びます。
昼食を済ませて2時に入渓。そして、とりあえずドライフライ。絶対に出るポイント。でも出なかった。即座にチョビスケ。でも反応なし。大淵ではハズカC45。アタリはあったけど取れなかった。それから先も反応は鈍かったけれど、時折足元から走り去る魚も何度も見た。これはじっくりと水面を観察して、サイトフィッシングといこうじゃあないかと思ったけれど、そう思うと中々お魚は発見できない。そしてやっとこ見つけたお魚に対してドライフライを投じると、プイッと姿を消された。更に、先行者の濡れた足跡も発見。なんか意気消沈。(でも、開きとか水たまりに魚が居たんだから、先行者との時間差はそこそこあったはず)
ここでは釣れないままで、4時納竿。
まあ、今日は釣れない日なんですよ・・・。

 
5月26日 牛道川 
 本当の所は、今日は寒水へ行けんかと思って牛道川を遡ったのですが、最後の橋の所に、新たに「寒水方面通行止め」なんて看板があったので、やっぱり行けんのだと思ってヤメにしました。やっぱり5月31日までは通れんらしい。
それで牛道の車止めまで行って、数分だけ杣道を歩いて入渓しました。
時間は10時半くらいか。それでまずはチョビスケ付けて釣り始めます。と、しばらくして1匹釣れました。イワナ。それでもうしばらくして1匹、そしてもう1匹。おおっ、なんか調子いい。だいたい10分に1匹釣れる。私としちゃあ、こんな事はめったにない。
次のポイントはアマゴポイントなのでドライフライに切り替えます。ただ、そこでは出てくれなかったけれど、それからも10分に1匹ペースで釣れた。アマゴ2匹とイワナ1匹。やっぱりアマゴを釣るならドライフライです。
で、今度はウェットフライに切り替えます。えー、近年常用してるチョビスケ用の6ftの竿でウェットってーのは、ちょっとムリがありそうなところですが、でも私はそれがやりたいの。まあ、小渓流であればなんとかならんかと・・・。で、ウェットだとフライがほとんど見えないから、これが結構に不安なんです。最初にイワナが追尾してきて釣れなくて、増々不安になった。そして20分くらいは何にも釣れなんだ。けど、残りの10分で、パタパタパタと3匹のイワナが釣れた。あのアタリを取るのは、結構楽しいです。
それでまあ、10分に1匹ペースでここまで来て、気が付けば、あと1匹でツ抜けなんですね。私としちゃあ、絶好調なんです。時間は12時くらいで腹も減ってきたし、もう1匹釣って昼食にしようかと思って、またチョビスケにして釣り続けます。が・・・、10分経っても20分経っても釣れない。30分経って挫けました。まあ、これが本来の私の釣りなのです。

車に戻って昼食。
マルちゃん正麺の焼きそば。さすがにマルちゃん正麺だけあって、近所のスーパーで200円した。ラベルが金色も凄い。そしてこの麺が並みのカップ麺とは違います。モチモチたっぷりでその上腰もある。さらに私が感動したのは、具材と麺の絡み具合が、すこぶるよろしい。私、カップ焼きそば食う時にいつも思うんですが、だいたい具材って、カップの隅っこのほうに寄り集まってしまって、それを箸でつまんで麺にのっけて食うしかないんです。あれ、何とかしてほしいなぁ~と。これほど具材と麺が絡み合うカップ焼きそばは初めてです。
それから味は、屋台の焼きそばを思い出させます。
で、一生懸命持ち上げましたが、私はもうこれは買わないでしょう。なぜなら、私はモチモチ感のある麺が嫌いだからです。えー、お餅も、お正月に1個食うだけです。モチモチ好きな方にはお勧めです。

そして再び谷に立ちます。
まずはドライフライ。で、すぐにアマゴが釣れた。その後は時折小物が反応するもフッキングには至らず。ここぞというポイントで、1投目でフライを枝に引っかけてしまい、そのポイントをダメにする。まあ、こういうのが本来の私の釣りであります。
それからチョビスケにして、5分で枝に引っかけて、どうにも取れなくって止む無くラインを切ることに・・・。あれ作るのに40分以上かかっとるのに・・・。ああっ、マイペースだ。
それからチョビスケでなんとか1匹釣って、ドライフライにして1匹。
とりあえず1日通せばツ抜けなのであります。3時半納竿。

 
5月19日 庄川タケノコ釣行 
 例年であればタケノコ釣行は25日辺りなんですが、師匠が言うには「今年はタケノコ(本物の)が速かったから、庄川のタケノコ(ヒメタケ)は早いはず」との予想を踏まえて、いつもより1週間早いタケノコ釣行となりました。
結論から申し上げますと、師匠の予想はドンピシャで、笹林の中をうろつけば、丁度良いくらいのヒメタケが、あちこちにありました。

この日9時過ぎに、師匠と船長が私の軸屋に来てくれて、コーヒーなんぞを馳走して9時半過ぎに出発。途中、荘川の道の駅に立ち寄って食材を調達したので、現地到着は10時半。
まずは小ビールで乾杯して、各自笹薮に入ったり竿を出したりします。私はあんまりタケノコには興味ないんで、そそくさとドライフライ結んで谷に立ちます。
最初のポイントに降り立つと、3匹ほどのイワナが驚いて右往左往します。次の大きなプールの開きを、今度は慎重にそぉ~と覗き込むと、やはり3匹ほどのイワナが驚いて右往左往します。
こんなんじゃあフラットなポイントは私にはムリ。まずは流れ込みの切れ辺りにフライを落とす。と、20㎝くらいのアマゴがフラフラとついてきて無視された。それから同じポイントの巻きの所にフライを落とすと、イワナが出てきてパクリと咥えた。すかさず合わせる。・・・合わせ切れ。それから1段上のポイントでやっとこフッキング。も・・・、バレた。
幸先は悪いけれどもこれだけお魚の反応がよろしければ、今日はそこそこ釣れるぞ!と思ったのがいけなかったのか、その後はサッパリ反応なし。そのうちテンカラ師匠と合流して交互に釣り上がるも、お互いサッパリダメ。なんだかお魚の気持ちは全く解らん。
12時になって車に戻って、下流に入ったルアー船長と合流。
午前中の釣果は、ルアー船長2匹、テンカラ師匠1匹、ドライフライの私0匹。

その後少し上流に行って昼食です。
まず私がケーちゃんを作る。その間に船長は、イワナを3枚に捌く。師匠は天ぷら係。
天ぷらは、まず玉ねぎ。これは師匠のお気に入り。それから道の駅で買ったコシアブラ。ほろ苦いところがよろしい。そしてヒメタケ。ホクホクとして美味しい。次に私が道端で摘んだワラビ。揚げたら真っ黒な小枝のようになった。衣の味しかしない。次に道の駅で買ったアスパラ。甘~い!最後に船長が捌いたイワナ。でも私は事情あって食えない。まあ、美味しかったんでしょう。
それから冷麦を頂いて昼食は終了。
美味しゅうございました。

そして再び谷に立ちます。
まず船長が、最近購入したドローンを持ち出してきて、我々のヒットシーンの撮影に臨みます。ただ、バッテリーが10分ほどしか持たないらしく、ヒットシーンは撮影できませんでした(バッテリーが1時間持っても出来なかったが・・・)。
その後3人で前に出たり引っ込んだりして釣り上がりましたが、ほとんど反応なし。時折、師匠や船長の姿が消えると思ったら、笹薮に潜り込んでる模様。午前中の所より、このあたりの方がヒメタケがあるらしい。
私はチョビスケやらハズカCフライにするも、ほぼ反応なし。ライズを見つけてドライにするも釣れない。そしてだんだん寒くなってきた。
5時納竿。結局、後半は3人共釣れなんだ。
私一人だけボーズに終わった・・・。

 2月の日記 3月の日記 4月の日記 5月の日記
2001年の日記 2002年の日記 2003年の日記 2004年の日記 2005年の日記 2006年の日記 2007年の日記 2008年の日記 2009年の日記 2010年の日記 2011年の日記 2012年の日記 2013年の日記 2014年の日記 2015年の日記 2016年の日記 2017年の日記 2018年の日記

掲示板